その後、オーストラリアでも「ロングボールを蹴るのは恥ずかしい、という意識が出てきた」。田代氏にとって日本では、自身が現役だった10年以上も前から選手たちが持っていた感覚だという。そして取り組んだ時間の差が、そのままチームの成熟度となって表れるのだという。

その上で、オーストラリアの現状について「つなぐことに固執するところがある。蹴るところは蹴るという判断がもう少し整理されたら、もっと強くなるとは思う」と補足した。

お相手もお相手でなんか迷走してて草